出会系サイトには人妻などに扮したサクラが存在してる。
しかし、メールレディのようなサクラは、本当の人妻と見分けることが非常に難しい。

 

 

出会い系サイトには、サイト側が雇ったわけではない人妻などに扮した誘導系のサクラと、サイト側が雇ったメールレディのようなサクラがいる。

 

誘導系のサクラは、誘導させるという点からURLを貼りつける必要があるため、URLが貼り付けらえれていればサクラかもしれないと、客観的な基準により判断することはができる。

 

しかし、人妻と自称するメールレディの場合には、サクラかどうかの判断が難しい。
というのは、メールレディが行うサクラ行為は、1回で済むような内容を2回3回と増やして質問をしてサイトにお金を落とそうとするなどというものである。
このような行為は、サクラが行うからサクラ行為となるが、一般人が行えば、くどい人間との会話ということになる。
実際に、リアルで生活していれば、話がくどい人間は存在している。
そのため、あなたが会話している人間は、実際には、サクラではなく、ただの話がくどい一般の人妻かもしれないのである。

 

また、サクラは自際に相手と会うことを目的としていないため、サクラとリアルで会うことにしても、そこに現れることは無い。
要は、ドタキャンされるわけである。
しかし、恋人と待ち合わせをしていても、その日になって急に用事が入ってしまうということはある。
そのようなときは、いくらデートであっても、ドタキャンせざるを得ない。
このように、リアルの人妻 出会いの場合でも、ドタキャンせざるを得ない状況は存在している。
そのため、人妻と会う約束をしたにも関わらずドタキャンされたとしても、その相手がサクラであると断言することは難しいのである。